SCOPEとは?

SCOPEとは?

アート鑑賞は美術館へ行って作品をみるだけではありません。私たちが画集をながめたり、アート関連のテレビ番組をみたり、図工や美術の授業で友達の作品をみるのも立派なアート鑑賞です。
そんな身近なアート鑑賞をもっと能動的に、もっと楽しくする鑑賞ツールが、SCOPEです。


ポストカード版とは?

ポストカードサイズに印刷された作品を使って手元で「みる」ことができます。手にもって作品をみる時、美術館や博物館などでみる時とはまた違ったアート鑑賞の楽しみ方を発見することができます。

vol.1に選ばれた30作品は、それぞれに色々な見方ができるだけでなく、それぞれを「色」「形」「モチーフ」などの切り口から対比してアートを鑑賞することができます。

vol.2に選ばれた64作品は、「西洋美術」「日本美術」「現代美術」「工芸・立体・マルチカルチャー」「建築」など多岐にわたるジャンルを網羅しています。アートのすべてを知ることのできるような作品の数々。そこに面白い関係性を発見しながらアート鑑賞することができます。

さらに詳しく

エウレカボックスとは?

「SCOPEポストカード集をもっと活用したい」「アートカードってどうやって使うの?」「アートカードの鑑賞授業を充実させたい」そんなアートカードを使った鑑賞授業をもっと楽しむゲームツールセットです。わかりやすいルールブックや授業に取り入れやすいワークシートが付いています。また小道具が充実していて子供の美術鑑賞がさらに深くなります。

さらに詳しく

デジタル版とは?

美術出版サービスセンターが、1960年代から制作を始めた美術教育資料の決定版「BSSカラースライド」。スライドはすべて現物撮影及び海外提携システムにより実物の臨場感を再現し、作品解説はジャンル毎の専門家が執筆しております。

今回のDIGITAL DATA EDITIONは、その内容を忠実に再現した復刻版です。デジタル版ならではの新しい機能として、拡大や印刷が可能になりました。

  • 電子ブックなので、画像の拡大や検索が簡単
    拡大して作品の細かい部分まで注目できます
  • スライドはコマ毎にPCで印刷可能(印刷ボタン有)
    PCにインストールしているプリンタドライバー環境に準じて印刷されます
  • 作品解説書はCD-ROMにPDFデータとしても収録
    生徒配布用としてプリントするなどして、便利に使用できます。
さらに詳しく

ページトップへ