代表挨拶


「ワクワクする 図工・美術の時間」を増やしたい!

子どもの頃、学校で夢中になった「図工の時間」。実に子どもたちの8割が大好きと答える「図工の時間」が、ゆとり教育による学校週5日制によって大きく減らされてしまったという現状をご存知でしょうか。

図工や美術は他の教科と違い、発想力、創造力、表現力など、子どもの感性を育む教科であり、また、情操教育として、子どもの豊かな人間性を育むためにはなくてはならいものであると私たちは考えています。

文部科学省が告示する教育課程の基準である学習指導要領では、これからの子どもたちに必要となるのは「生きる力」であり、変化の激しいこれからの社会を生きるために、確かな学力、豊かな人間性、健康・体力の知・徳・体をバランスよく育てることが大切である、と基本理念に掲げています。

世の中がグローバル社会になり、変化のスピードがますます早くなる時代において、これからの日本を元気にする子どもたちの発想力、創造力、そして豊かな人間性を育むため、私たちは「サポートクリエイション」を合言葉に、独自の視点でものづくりの楽しさ、創意工夫することの楽しさを、図工・美術の時間を通して応援していきます。

子どものたちの大好きな「図工・美術の時間」をもっと増やしたい、それが私たちの思いです。

株式会社 美術出版サービスセンター
代表取締役社長 大下正悟




会社概要


当社は、小学校の「図画工作科」、中学・高校の「美術科」向け造形教具、専門学校・大学・一般美術愛好家向けの画材や造形材料、美術書などを企画・仕入し、主に全国の代理店を通して販売しております。



また、21世紀の美術・造形教育の更なる発展に向けて、『美術を愛好する多くの人々が創意工夫して学習できる商品の企画・提供、お客様からのご要望に即応できる販売・物流サービス』の充実を目指しております。 環境にやさしく独創的な商品づくりと、お客様に素早くご提案できる販売体制を整え、当社独自の受発注システムをリアルタイムに稼動させ、お客様のもとにいち早く安全に商品をお届けする物流体制により、皆様のご期待にお応えできるよう力を注いでまいります。 


商号 株式会社 美術出版サービスセンター
BIJUTSU SHUPPAN SERVICE CENTER CO., LTD.
本社所在地 〒162-0845  東京都新宿区市谷本村町2-19
物流センター 〒178-0065  東京都練馬区西大泉5-29-15
設立 1956年4月21日
代表者 代表取締役社長 大下 正悟
資本金 13,100,000円
事業内容 図工・美術教材・画材卸売事業、ミュージアムショップ運営事業
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行 四谷三丁目支店
みずほ銀行 四谷支店

本社所在地

<美術出版サービスセンター>
〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町2-19


ページトップへ